レレ教室日記(2012年01月)

2012年01月11日(水)
今年最初のパラダイス・ウクレレ教室、メニューは3連のストローク、シャッフルのストローク、3連リズムの応用で「君といつまでも」の伴奏練習、ソロ・ウクレレ練習曲は「スマイル」in F key、ってとこかな。速めのパッセージでのコード・チェンジの際のちょっとしたごまかし方とか(笑)。今回も楽しくやれたよ▶生徒のKさん、買ったばかりのア・ヌエヌエのマンゴー・テナーを持ってきた。すごく軽くて弾きやすかった。木目が個性的で音は涼やか。弦が(たぶん)アクイーラのせいか、やや固めの音がするので、クリアーナイロンか黒弦がいいかも。ご本人によくお似合いだったので、それが一番良かったかな。似合うというのは大事。で、レッスン終了後、またもKさん相手にウクレレ談義。「君といつまでも」じゃないけど、「僕はウクレレの話をしているときが一番幸せなんだ」って感じだな。

2012年01月16日(月)
荒木町「ゆうむ」での本年初レレ教室。前回初参加で、このクラスにはちょっとお上手過ぎ(ギターを弾く)かな、と思われたC青年も再参加、レッスン2時間、その後のウクレレ絡みの音楽話で2時間、まったり楽しく過ごしたサンデー・レレの午後でした▶本日のメニューは、コード・カッティング、ブラッシングのテクニック、それをふまえた「Stand By Me」、3フィンガー・ロール・ストローク、それをふまえた「エーデルワイス」のアンサンブル、ソロ練習曲は「アメイジング・グレース」等。ハワイアンバンプのフレーズもちょこっと▶生徒のNさん、バレーコードが苦手なのだが、左手の親指の位置に問題があることがわかった。まだまだインストラクターとして未熟なので、こういうことになかなか気がつかない。いろいろ勉強になります。