クール長崎&ハイビスカスさん

このバンドを最初に知ったとき、僕がウクレレでやりたかったことをすべてやられてしまっている、と感じた。大げさではなく、いや大げさだと思うが、僕はこのバンドにある種(音楽的ウクレレ的な意味合いにおいて)の衝撃を受けるとともに、ハゲしい嫉妬も同時に感じたのだった。だから僕はこの路線はゆめゆめ目指すまいと心に誓ったのだった。

 

僕は、ウクレレという楽器に潜む(ギターにはない)「諧謔」(ウイットのあるユーモアと言う感じか)について、「ウクレレってなんか愉快な楽器なんだよなあ」と使徒たち(僕のウクレレ話に不承不承付きあってくれる人たち)に語ることがあるが、このクール長崎&ハイビスカスこそ、そうしたウクレレの特質を「よくわかってらっしゃる」と思わせる数少ないバンドのひとつだと思うのである。