"As Time Goes By" on Baritone Ukulele

As Time Goes By


       Dm7                  G7   Gm6            G7
You must remember this, a kiss is still a kiss.
C                     Dm7    Cdim  Em
A sigh is just a sigh;
       D7                             G7
The fundamental things apply,
     Dm7 G7   C      Edim   Dm7   G7
As time goes by.


       Dm7                  G7          Gm6             G7
And when two lovers woo, they still say I love you,
     C                 Dm7   Cdim   Em                     
On that you can rely;
     D7                    G7
No matter what the future brings
     Dm7 G7   C     Fdim  C   C7
As time goes by
 

 

F                     A7
Moonlight and love songs never out of date,
Dm               Cdim
Hearts full of passion jealousy and hate,
Am                 Am+7      Am7                     D7
Woman needs man, and man must have his mate,
        G7      Gdim  G7
That no one can deny.


     Dm7                  G7       Gm6                     G7
It's still the same old story, a fight for love and glory,
   C                  Dm7    Cdim   Em
A case of do or die,
      D7                                   G7
The world will always welcome lovers
     Dm7 G7   C      Fdim    C
As time goes by.

この曲を語るとき、「大人の」とか「シブイ」とか「オシャレ」とかの冠言葉が付きそうだが、僕はいい年をしていながらいまだに「大人の」が似合わないし、「シブイ」も「オシャレ」もそぐわないパーソナリティなので、この曲を取り上げるのにはちょっとためらいがあったが、まあ、けっこう好きな曲なんでやってみたんだ。「秋の日のヴァリトンのためいき」なんてしちゃった手前もあるし……。 

まあ、ハンフリー・ボガードという人もそんなに二枚目だと思わないが、「カサブランカ」とかでは二枚目を演じきってるし、僕もこの歌では二枚目をやらせていただこうかな、と思ったんだ。すまんな。 

ところで、「As Time Goes By」というのは「時の過ぎゆくままに」なんて訳されるケースが多いけど、この曲に関しては、「時が過ぎようとも」と訳す方がふさわしいのかな。 

これだけは忘れないでおくれ/キスといえばキスをすることだし/ため息といえば/それはつまりため息をつくことなんだ/愛したり恋したりするような/そんな根本的なものは何も変わらないということ/時がどんなに移ろっていっても 

てな感じかな。とりあえず、これで「秋の日のヴァリトンのためいき」シリーズは終わりにしようかな。最近、バリトンばっかり弾いているんで、Gibsonが嫉妬しているようにも思うんだ。