Waltzing Matilda ★★

WaltzingMatilda.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 484.9 KB

★演奏のポイント

オーストラリアでは国歌並みにポピュラーな曲。タイトルの「ワルチング」っていうのは「さまよい歩く」というような意味なのかな。貧しい放浪者の歌なんだよね。で、この曲はワルツ(4分の3拍子)じゃなくて、普通の4分の4拍子。この曲がサビの部分で歌われる、トム・ウェイツの「トム・トラバーツ・ブルース」は僕の大好きな曲のひとつ。

 

シンプルなアレンジの曲なので、ビギナーさんにもそんなに難しくないよね。コードダイアグラムのXがついている弦は、鳴らさない方がメロディを聞かせやすいというのがありますが、鳴ってもそんなに違和感はないかな。ハイポジションにいくところ、しっかり鳴らしましょう。こういうシンプルな曲は「気持ちを込める」というところがポイント。