Shiawasenara Lele Hikou ★★

★演奏のポイント

「幸せなら手をたたこう」の替え歌「幸せならレレ弾こう」(キーはG)です。原曲の手をたたく部分をウクレレで色々な音を出すアレンジにしました。

1番はウクレレを「ポロンポロン」と弾きましょう。2番の最初は「ラ」の音「1弦開放弦)、次は「シ」の音(1弦2フレット)、最後は高い「ソ」の音(1弦10フレット)を鳴らしましょう。3番はウクレレのボディを叩きます。たたいて良い音が出るボディの部分をさがしてください。4番はフレットボード上のフレットを爪でひっかきます。ちょうどラテン打楽器の「ギーロ」のような感じです。そして5番は「ハーモニクス」の技法を使います。最初は1弦の12フレット上のハーモニクス(高い「ラ」の音)、次は4弦12フレット上のハーモニクス(高い「ソ」の音)、最後は7フレット上の1〜4弦のハーモニクス(Em7のコードになります)を鳴らしましょう。

ハーモニクスをきれいに鳴らすコツは、フレットバーの真上の弦に指を触れて(フレットボードまで押さえません)、ブリッジ寄りの固めの音を出すことです。音が出たらすぐに指を離すとサスティーン(音の持続)が効く感じになります。

歌のタイミングを外さずに、ウクレレのいろんな音を出してみましょう。