Over The Rainbow ★★★

★演奏のポイント

 

ウクレレ・ソロ弾きでもよく取り上げられる「オーバー・ザ・レインボー」です。全体的にテンポ・ルバート(柔軟にテンポを変える)で演奏してます。気持ちを込めて、無伴奏で歌うように演奏しましょう。基本的には親指弾きですが、ときおり各指を使ったアルペジオを用いても良いでしょう。

実際の演奏では、ここまでのパートをもう一度繰り返しましょう。ハイポジションのコードで、12フレット・ジョインとのウクレレではやや押さえにくい箇所がありますが、慣れれば大丈夫です(この演奏は12フレット・ジョイントのウクレレを用いています)。

エンディングはGのコードフォームの3弦2フレットから1,0と半音ずつベースラインを下げてGのハイポジションコード(10,7,7,7)で、しっとりと終わりましょう。