Don't Get Around Much Anymore ★★★

★演奏のポイント

50年代のジャジーなポップ・チューン「ドント・ゲット・アロウンド・マッチ・エニーモア」です。この音源はローGのウクレレを使用していますが、ハイGのウクレレでも演奏できます。

こうした曲はリズム感をしっかり保つことが
ポイントです。シンコペーションのリズムを使用しながら、スイングの「ノリ」を出しましょう。